住友林業

TEL 088-832-1191

人と環境に優しく耐震性に優れ
未来を見据えた木の家

強固な構造が快適な空間を実現
 木の温もり、光と風といった自然に包まれながら、自由な間取りが可能な住友林業の「BF-si(ビックフレーム スケルトン・インフィル)」。強固で耐震性に優れた構造の「ビックフレーム構法」により、外壁を含めた構造部分はそのままに、内装や部屋を仕切る壁、設備などの間取りは、将来変化するライフスタイルに合わせて変更することができます。
 1階のリビングは和室と一体になって、間仕切る壁がなく開放感のある広さ。落ち着いた色目が特徴の天然木挽板オークの床材や、白木を使用した和室、最大限に広く取った窓からの光で、明るい空間を演出しています。また、窓からの日差しで暖かさを保つ一方、室内の熱気を外に逃がすなど、「涼温房」の考えを上手く利用した設計なので、夏は涼しく、冬は暖かく快適に過ごせます。
子どもの感性を伸ばし、家族の団らんを増やす家
 子どもの成長や家族のコミュニケーションが広がる空間設計も特徴的。子どもたちを育み、家族それぞれの生活をサポートする住まいが実現できます。例えば、玄関からダイニングの前には菜園スペースやどろんこ広場、わくわくマウンドなど、子どもの豊かな感性を育てる「ハグくみの庭」が広がり、ダイニングの勉強スペースや、子どもに手洗いの習慣を身につけさせる玄関の洗面台などは、家事をしながら子どもを見守ることができます。さらに、カウンターキッチンの横にはパントリーが、裏側には洗面室や浴室が続き、スムーズな家事動線に。
 2階のファミリースペースから畳コーナーにかけては、家族が集い、毎日使う衣類や生活用品を収納したり、隠したりと自由に使える新発想空間「comama(こまま)」を配置。洗濯物を畳んだりアイロンがけに利用できる畳コーナーは、足を伸ばして本を読んだり、子どもたちの遊び場にも。ほかに、本棚が部屋の間仕切りになる書斎スペース、洋服の出し入れが簡単なウオークインクローゼットなど、暮らしやすい工夫が盛り込まれています。

BF-si[ビッグフレーム構法]

 56cm幅のビッグコラム(大断面集成柱)と梁で組み上げる木質梁勝ちラーメン構造を使用し、耐震性に優れた木造住宅を実現。また、金属と金属によるメタルタッチ接合で強く緊密に接合することから、開口部の大きい窓や仕切りのない開放的な間取りが可能に。自由度と耐震性に優れた、強い「木の家」が実現できます。

担当者メッセージ

住友林業 高知営業所係長

酒巻 裕樹 さん

 住友林業は、人間の暮らしを快適にする自然を上手く利用し、四季を感じる空間設計を続けてきました。また、2020年から始まる「省エネ基準適合住宅の義務化」に向けて、次世代の高断熱性能や太陽光発電システムなどの環境機器を搭載したゼロエネルギーハウスを標準装備しています。
 1691年の創業以来、森を育て、木を生かす取り組みを続け、現在では国土の約900分の1の社有林を持ち、木の育成サイクルを考えて伐採と植林を計画的に実施するわが社は、地球環境を守り、子どもたちの未来を想像しながら、住み心地の良さを大切にした空間づくりをご提案していきます。