家づくり用語辞典

2×4(ツーバイフォー)工法 

 北米で開発された木造住宅の工法で、床や壁、天井といった「面」で躯体を支えるのが特徴。厚さ2インチ×幅4インチの断面材を使うことから「2×4(ツーバイフォー)」と呼ばれ、「枠組壁構法」ともいいます。