家づくり用語辞典

小屋裏 

 屋根裏にできた一室で、床面積を直下階の2分の1以下、かつ天井の高さを1.4m以下にしないと、階に算入される場合があります。熱気がこもりやすく、通風が行き届きにくいため居室には不向きですが、通気システムを取り入れることで、書斎や収納庫などに生かされる場合もあります。