Home  >>  南国中央病院  >>  リハビリテーションの思想とは
リハビリテーションの思想とは
南国中央病院 宮本 寛 医師
―「リハビリテーション」の本当の意味
「リハビリテーション」というと、よくある誤解は「マッサージ」です。「機能訓練」というのはある程度当たっていますが、それだけではありません。「全人間的復権」という日本語訳が本来の意味です。「ある人がその人らしくない状態に陥ったときに、再びその人らしい生活や人生を取り戻すこと」といえばもっと分かりやすいかもしれません。「場合によってはそれ以前の人生に戻すのではなく、新しい人生を構築すること」というのがリハビリテーションの思想です。「体に障害があっても、生き生きと暮らす」。さらに言うと、「障害があることによって、そうなる前には気付かなかったことに気付き、より深く人生を考えるようになる」ことです。
―人間の喜びを実現するための手段
 障害があるにもかかわらず元気な人たちがいます。その人たちは自分の障害だけに目を向けていません。自分の体験から、他の人を幸せにできないかと考えています。結果として、その人たちは「ありがとう」と言われる場面を得ます。人の助けを得て「ありがとう」という立場ではなく、「ありがとう」と言われることが人間の喜びの一つです。それを実現するのがリハビリテーションです。
1995年3月 高知医科大学医学部医学科卒業 1995年4月 医療法人近森会 近森リハビリテーション病院 2009年4月 医療法人地塩会 南国中央病院