Home  >>  ソフィアデンタルクリニック  >>  多くの歯がなくなっています。 インプラントにしようと考えているのですが、治療期間が長いと聞きました。どのくらいなのでしょうか?
多くの歯がなくなっています。 インプラントにしようと考えているのですが、治療期間が長いと聞きました。どのくらいなのでしょうか?
濵田 正人 理事長
 インプラントが骨と結合(オッセオインテグレーション)するのには、一般的には上顎(じょうがく)で4~6カ月、下顎で1.5~3カ月かかります。しかし、条件がそろえば即日に仮歯を装着することが可能です。
 その条件とは、骨の具合(量、高さ、骨質)と、インプラントの性状です。それに術者の技術が加わりインプラント埋入時に良好な初期固定が得られます。
 つまり即日インプラントで最も必要な条件は「埋入時に〝良好な初期固定〟を得られること」にあります。その一つとして、オールオンフォーコンセプトが考えられます。コンピューター断層撮影(CT)装置により診査診断時に骨質の良い所を探し4~6本のインプラントで片顎の上部構造をバランスよく支える方法です。
 さらに埋入するインプラント体そのものにおいて、長年の臨床データに基づいた開発から「初期固定が得られやすい」という特長(表面、形状の加工)を持っているものもあり、ある程度、骨質の良くない場合でも初期固定が得られる場合があります。またこの初期固定が、埋入後のインプラント(チタン)と骨が結合する作用にとても重要な役割を果たします。
 また、1本歯を失った方から、多くの歯がない方、総入れ歯の方でも、お口の状態(骨質、骨量、上顎洞、下顎管などの状態)やご希望により、複数のインプラントを埋入するのか、オールオンフォーにするのかを選択しています。インプラント治療の技術は、日進月歩であり、その患者さんに合った治療を選択することが大切だと考えています。
1961年いの町生まれ、1999年朝日大学歯学部卒業後、2002年やえもん歯科開業、 2012年医療法人ソフィア・ソフィアデンタルクリニックとして移転。