Home  >>  南国中央病院  >>  地域に根差した訪問リハビリ
地域に根差した訪問リハビリ
南国中央病院リハビリテーション課 訪問リハ係 副主任 白石 雅和
 介護保険制度では、「地域包括ケア」が重要視されています。地域包括ケアとは、地域の実情に応じて高齢者が可能な限り住み慣れた地域でその有する能力に応じ、自立した日常生活を営むことができるよう、医療・介護・介護予防・住まいおよび自立した日常生活の支援が包括的に確保されるという考え方です。
 訪問リハビリでは、何らかの病気やけが等で生活機能が低下し、介護が必要になった方や生活に不安がある方に対し、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の専門スタッフがご自宅を訪問し、心身機能や日常生活動作、生活環境面を踏まえ問題点や課題に対し個々に応じたリハビリ提供を行います。
 きっと誰もが、生まれ育った場所や生活している地域に思い入れがあるのではないでしょうか。生活している自宅や居住空間は安らげる場所であると思います。その住み慣れた自宅において、近隣住人とのつながりや地域活動、行きつけのスーパーへの買い物などさまざまな生活があると思います。訪問リハビリで、生活目標を達成するだけではなく、その先にある生きがいや自宅での役割の獲得を目指してみてはいかがでしょうか。訪問リハビリは「やりたい」を「できる!」に変える一つの手段であると考えております。