Home  >>  南国中央病院  >>  あなたを守る健康診断
あなたを守る健康診断
医療法人地塩会 南国中央病院 検査課 上野 富美
 病気の中には、早期の自覚症状がなく、現れたときはすでに進行していたり、手遅れになっていたりするものがあります。その症状がない病気の代表格、サイレントキラーが生活習慣病です。偏った食事や運動不足、飲酒や喫煙など不摂生な生活習慣は、糖尿病や高脂血症、高血圧などの生活習慣病を発症し、やがて心筋梗塞や脳梗塞など、命に関わる病気の要因となることが知られています。自覚症状があり、医療機関を受診して検査を受けることは当たり前ですが、無症状のうちから定期的に健康診断を受けることは、隠れた病気のサインを見つけ、生活習慣の改善や治療に生かすことにつながります。
 身近な健康診断には、市町村で行われている特定健診、勤務先で行われている事業所健診(一般健康診断)、個人で受ける人間ドックなどがあります。そしてもう一つ大切なことは、健康診断をただ受けるのではなく、その結果を活用することです。検査結果は、受けた時点での健康状態を示しており、問題のなかった場合でも、半年後、一年後に異常が出てくることが珍しくありません。体の状態は常に変化しています。健康時から食事や日常生活に気を付け、何らかの異常があれば、食事や運動習慣、飲酒や喫煙など自分の生活を振り返り、生活習慣の問題点を自覚して、改善目標を立てましょう。また、かかりつけ医に相談し、できるだけ早めに対処するようにしましょう。あなたも定期的に健康診断を受け、自分の健康状態を知り、健康管理にお役立てください。