Home  >>  南国中央病院  >>  訪問看護ステーション
訪問看護ステーション
医療法人地塩会 訪問看護ステーション なんごく 豊永 三奈 所長
 訪問看護ステーションって聞いたことがありますか? 住み慣れた自宅で療養生活が送れるように、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、医師の指示の下、お家や施設に伺い訪問看護サービスを提供する事業所のことです。サービスの内容は病状観察、薬の管理と指導、医療機器の管理、清潔支援、爪切り、認知症対応、床ずれ処置、看取(みと)り、介護相談、リハビリなど多岐にわたります。
 初めて介護される方からの質問で多いのは、おむつの選び方やベッド上でずり落ちたときの上げ方です。今は便利な商品が出ているので、ご利用者、ご家族に合った方法を提案します。また在宅療養をしていてご家族が不安に思うときは、病状に変化が現れた場合です。訪問看護師が24時間携帯電話を持っていますので、電話をかけてもらえれば状態を聞き、病院受診が必要なときは、主治医に報告して受診の手配をお手伝いします。病院受診が不要なときは、看護師が訪問し、血圧、体温、脈、酸素濃度、顔色などを観察し、対応策をお話しします。家で転倒して、助け起こしに訪問したこともあります。手すりを付けたり、環境調整の提案もします。
 ご家族だけで悩まずに、専門職種が連携してお手伝いしたいと思っています。介護保険を申請している方は、担当ケアマネジャーへ、申請していない方は、かかりつけ医か当ステーションにご相談ください。