Home  >>  南国中央病院  >>  短時間型 通所リハビリテーション
短時間型 通所リハビリテーション
南国中央病院 通所リハビリテーション 濱田 隆宣 理学療法士
 短時間型・通所リハビリテーションでは、食事及び入浴は実施しておりませんが、リハビリの専門職員である理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が多く在籍し、利用者の状態に合わせ、運動を中心とした個別対応を行っています。
 理学療法士や作業療法士は、機能訓練や歩行訓練、日常生活動作訓練などを、短時間で集中的かつ活動的に支援します。利用者の目標や希望を考慮しつつ、体力及び筋力強化を目的に、マシントレーニングや平行棒での集団体操、ゴム体操などの運動提供だけでなく、個人の身体機能の評価・把握を行い、個別の運動や自主トレーニングの助言をしています。また、在宅環境を確認のうえ、必要に応じて住宅改修や手すりの設置など、生活環境へのアドバイスも行っています。
 言語聴覚士は、発話や飲み込みなどの訓練だけでなく、コミュニケーションや食事面の改善も図ります。さらに、口腔機能向上を目的に、集団での発声練習や嚥下体操なども行っています。認知面に関しては、認知機能の評価を行い、必要に応じて認知機能訓練を実施しています。脳トレーニングや、ほかの利用者とのコミュニケーションを行える環境を心掛け、認知症予防に取り組んでいます。
 利用者が自ら進んで運動などに取り組めるようになることで、体力及び筋力が向上し、一人でも多くの方が自宅や地域でその人らしい活動的な生活が送れることを目指して、支援に取り組んでいます。