Home  >>  南国中央病院  >>  おうちで訪問リハビリテーション
おうちで訪問リハビリテーション
南国中央病院 訪問リハビリテーション事業所 倉持 裕之 理学療法士
 訪問リハビリとは、病気やけが、老化などにより、生活機能が低下した方のうち外出が困難な方や居宅生活上何らかの問題がある方、あるいは介護される方に対して理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がご自宅を訪問し、生活機能と障害の評価、機能訓練・日常生活訓練、住宅改修および福祉用具の調整、専門的助言提案、精神的サポートを実施することで、日常生活動作の自立や社会参加といったその人らしい生活の再建および生活の質の向上を促す活動の総称といわれています。
 リハビリと聞くと筋力強化訓練や歩行訓練などをイメージされると思いますが、訪問リハビリでは、実際の生活環境・生活場面でリハビリを実施することから、動作訓練が中心となります。
 訪問リハビリを実施する際には必ず目標を設定します。例えば「歩いてスーパーまで行き、買い物ができるようになりたい」という目標であれば、実際にスーパーまで歩いて行くことができるか確認を行い、必要に応じて筋力強化訓練や歩行訓練を実施しながら、歩行距離を延長しスーパーまで行くことのできる体力をつけ、実際に買い物が行えるか、荷物の運搬が行えるか、お金を支払うことができるかなど細かく評価を行います。そして、問題点については解決できるよう方法を検討し、提案を行って反復して練習を行います。
 訪問リハビリは、実際の生活の中でやりたいことを実際にできるようにするためのリハビリといえます。