Home  >>  南国中央病院  >>  病院で働く歯科衛生士の役割
病院で働く歯科衛生士の役割
南国中央病院 リハビリテーション課 坂田仁美 歯科衛生士
 回復期リハビリテーション病棟では、患者さまの日常生活動作(ADL)を向上し、在宅に復帰できることを目標としています。歯科衛生士は、入院患者さまの口の中に問題がないかを評価し、口腔(こうくう)衛生状態やそしゃくなどの機能面が良好に保たれるよう、一人一人に合った適切な口腔清掃方法を考えるとともに、早期に対処が必要な場合は地域の歯科に往診依頼をしています。
 歯科往診依頼で特に多いのが、かみ合わせの問題です。歯の欠損がそのままになっている場合や、義歯が合わないなど、かみ合わせが悪くなると、栄養面や姿勢にも影響が出てきてしまうため、回復させる必要があります。病院で働く歯科衛生士として、多職種連携の下、患者さまの日々の全身状態を把握することはもちろんですが、入院前の生活、退院先の環境にも目を向け、口のことだけでなく退院後の生活全体をイメージして患者さまと関わっていくことが必要だと考えます。
 最近では、口の機能の低下は体全体、精神的な部分、社会的な面も含めて健康と大きな関わりがあるといわれています。退院後の生活においてその人らしい生活が保てるよう、患者さま自身や関わられる方々に口の機能を維持するための提案をし、地域との連携の取り組みも大事にしていきたいと思います。