Home  >>  南国中央病院  >>  熱中症について
熱中症について
南国中央病院 都築和宏 医師
 どんどん暑くなるこれからの季節、必ず話題になるのが熱中症です。熱中症は気温や湿度の高い環境により身体の体温調節がうまくいかず起こるさまざまな症状のことです。
 症状としては重症度の低いものでは目まい、立ちくらみ、筋肉痛、こむら返り、大量の発汗などがあり、涼しい場所で安静にして水分補給すれば大抵回復します。重症度が高くなると頭痛、吐き気、全身倦怠(けんたい)感、判断力の低下などが見られてきます。そうなれば涼しい場所で衣服を緩め、体を冷やし、スポーツドリンクのような塩分を含む水分の補給をするようにしましょう。改善が見られなかったり水分摂取できない状態であれば医療機関を受診してください。さらにひどくなると意識障害やけいれん、運動障害が見られます。その状態では速やかに救急要請をしてください(涼しい場所に寝かして首や脇、太ももの付け根の太い血管の通っている場所を冷やす応急処置も必要です)。
 特にご高齢の方は暑さを感じにくかったり汗をかきにくかったりと、体温を下げるための生理機能が弱く、またエアコンを使う習慣がなかったりと自覚なく熱中症になる傾向があります。水分を小まめに取り室温のチェック(熱中症は炎天下での活動だけでなく室内でも発症します)をお願いします。また子どもも体温調節が未熟で、地面の照り返しで高温にさらされ熱中症になりやすいので注意が必要です。子どもの様子をよく観察して熱中症に注意をしてください。