Home  >>  青柳クリニック  >>  糖尿病と合併症について
糖尿病と合併症について
青柳クリニック 糖尿病内科・内科 高田浩史院長
髙田 糖尿病は高血糖状態が続くことによって血管が痛み、多くの合併症を起こすことが知られています。糖尿病に特有な合併症としては末梢神経障害(手・足のしびれや痛み等)、網膜症(目のかすみ、視力低下等)、腎症(足のむくみ等)などがあります。それ以外にも心臓病(狭心症、心筋梗塞)、脳卒中、足病変、骨粗しょう症、歯周病、認知症なども起こしやすいことが知られています。
 それぞれの合併症で非常に重要なことは、ある程度病状が進行しないと患者さんが合併症を自覚できないことです。そのため、症状がないから合併症がないわけではありません。高血糖状態を放置しておくと確実に合併症は進行していきます。必ず医療機関を受診して検査することが必要です。
 また合併症が進行すると、日常生活に多くの制限が出てきます。頻回の通院が必要になり、検査費・治療費ともに高くなっていきます。
 上手に糖尿病と付き合っていく方法は、早めに医療機関を受診すること、そして治療を継続していくことです。
 検診で初めて糖尿病が疑われた方、または治療を休まれている方も、ぜひ、糖尿病専門の医療機関を受診することをお勧めします。
平成14年 久留米大学医学部卒業 平成14年 高知医科大学第二内科(現 高知大学医学部内分泌代謝・腎臓内科) 平成15年 高知県立中央病院 平成25年 東京女子医科大学 糖尿病センター 平成26年 高知大学医学部内分泌代謝・腎臓内科