Home  >>  高知記念病院  >>  糖尿病ってどんな病気?
糖尿病ってどんな病気?
高知記念病院分院 青柳クリニック 内科・糖尿病内科 高田浩史院長
 糖尿病は人体で血糖を下げることのできる唯一のホルモンであるインスリンの作用不足、または分泌不全で発症します。その原因としては、遺伝的なもの、食事、運動など生活様式によるものなど患者さんごとに異なります。近年は食事内容の変化や運動不足で、糖尿病および糖尿病予備軍の患者数は増加しています。
糖尿病にはどんな合併症があるの?
 糖尿病で怖いのは血糖値が通常より高い状態で放置しておくと、さまざまな合併症が起きることです。合併症には神経、目、腎臓など糖尿病に特有なものや、心筋梗塞、脳梗塞などがあります。多くの合併症は進行するまで、ほとんど自覚症状がありません。そのため健康診断などで血糖値の異常を指摘されても放置され、いよいよ合併症が悪くなり治療が難しい状態になって初めて医療機関を受診される方も多く見られます。
どんな治療法があるの?
 糖尿病の治療法は年々進歩し、さまざまな食事、運動療法や多くの治療薬があるため、どの治療法が患者さんに最も適切か選択することが重要になります。当院では各種検査の上、患者さんごとに適切な治療法を選択させていただいております。糖尿病は現時点では、完治するのは難しく上手に付き合っていく必要がある病気です。そのため一度は糖尿病の専門の医師による診察を受けることをお勧めします。
平成14年 久留米大学医学部卒業 平成14年 高知医科大学第二内科(現 高知大学医学部内分泌代謝・腎臓内科) 平成15年 高知県立中央病院 平成25年 東京女子医科大学 糖尿病センター 平成26年 高知大学医学部内分泌代謝・腎臓内科